俺の株式会社 採用サイト2019

人を知る

シェフ・ブーランジェ

中島 徹

パンオブザイヤーにて金賞になった「 香 」という銀座の食パンを筆頭に、1店舗あたり1000本以上の食パンをブレ無く作り上げる。 その日の気候、温度も計算し、常に最高の状態にて食パンを提供。 一時期は演劇の世界に染まった異色の経歴。小さい頃から興味を持っていたパンの職人とキャリアチェンジし、一から修業、腕をみがく。 現在ではシェフブーランジェ職の傍ら、調理学校での講師も勤める。

入社理由は何ですか?

1つのものを極めることへの期待。

25歳位の頃から劇団をする傍らアルバイトでパン屋をしていました。はじめのうちは生活のためにしていたアルバイトでしたが、次第にパン作りの楽しさに惹かれていって、それである時、芝居よりもパン作りの方が楽しいと思うようになりました。それであればもう自分の興味がある方へ進もうと思い、一旦劇団の方は区切りをつけて、本格的にパン屋に勤め始めました。

俺の株式会社はいくつかのパン屋を経た中で知り合ったこの「俺のBakery&Cafe」のアドバイザーをされている榎本 哲さんからご紹介いただきました。俺のフレンチが新しく食パン専門のベーカリーをはじめると、最初にその話を聞いたときは驚きました。
食パンは数多くあるパンのうちの1種類ですから、その1点に絞ることは正直迷いもありましたが、それ以上に、1つのものを極めることへの期待と、それを目指すことで今までと違うものが見えてくるのではないかと考え、入社を決意しました。

あなたのミッションは何ですか?

日本一おいしくて、日本一安全な食パンを。

やっぱり日本一の食パンにすることですね。
日本一おいしくて日本一安全で、作る側も食べる側も幸せになれる、そしてより多くの人に食べていただきたい。そのためにも日々成長していかなければいけないのですが、この会社は新しいことへの挑戦を推奨してくれるいい環境だと思います。

入社したときから感じていることですが、ここで働く人たちは攻めの姿勢というか、新しいこと、まだ誰も手を出していないことへ挑戦しようとする雰囲気があり、自分もそれに感化されてどんどん挑戦できるんです。中には失敗もあり、悩んで落ち込んでしまうこともありましたが、そんなとき「大丈夫だよ、失敗は反省してとにかく前を向いて」と声をかけてくれる先輩方がホント励みになりました。
今では一回や二回の失敗では全然へこたれないですよ。

俺の株式会社の魅力とは何ですか?

一緒に働いている人と幸せになる。

全員が攻めの姿勢である、というところです。誰も下を向いていない、とにかく前に進むんだという意識があります。それを支えるのが坂本社長のことばや会社の理念で、先輩もメンバーへ伝えてくれます。

前まで勤めていた職場ではとにかく美味しいパンを焼くことだけに集中していて、会社の理念といったものへは全く意識していなかったのですが、今は学んでいく中で〈人として他人のために汗をかく〉といったことや、〈人のために何かをする〉ことの大切さを知りました。美味しいパンを作るためにとにかく働いてお客様に届ける、だけでなく、一緒に働く人のことを考える、今日はどんな調子なのかなとか。チームでやっているという感覚を強く感じますね。
いかに自分の技術を極めるか、職人としてそれもとても大事なのですが、一緒に働いている人と幸せになる、という意識はこの会社ならではと思います。それってお店の雰囲気にもすごく影響していきますし、きっとお客様も感じ取るところですからね。